スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニカニカ

再び診察室に入っていった妻を、

私は外で待った。

話が少しだけ漏れ聞こえてくる。

大病院とはいえ、防音に関しては甘い。

私の関心は、妻が化学治療や放射線治療などを

拒否するのではないか、

という点にあった。

妻は、昔から薬が嫌いだ。

「自分はいつ死んでも悔いはない」

それが妻の口癖だったし、

ハッタリではない。




しかし、

そんな耳をそばだてている私の耳に飛び込んできたのは、

高らかな妻の笑い声だった。

男性医師も快笑している。

すっかり談笑モードだ。

ドアを開けて出てきた妻は、

ニカニカしながら出てくると、

話し出した。




「あのね、あの先生、○○さんのことね、

15年くらい経ってたのに、覚えてた。

すごいよねー。

やっぱり、あの人、ちょっとユニークだった

からかなって思ってね・・・」

つまりは、妻の美容室の常連のお客さんである

○○さんが、妻がかかっている医師に

15年ほど前に診てもらい、

そのことを医師に話したら、

あまりにもよく覚えているので、

妻が感心して、

二人で○○さんの話で盛り上がった、

ということらしい。

友達を一人見つけたような顔をして、

妻は、言った。




そのあと、書類を出しに行った何やらの検査室でも、

「あら?もしかして?」

と話しかけた相手が、

娘と同じ保育園のママさんだったため、

「じつはさー、ガンなのよー」

と話が始まってしまった。




会計を終えて駐車場に向かいながら、

妻は、



「なんかね、

思ったより、楽しかった」


そう行ってニカニカした。






スポンサーサイト
プロフィール

endlessavemaria

Author:endlessavemaria
こんにちは、理人(Lied;リート)です。
妻は50代前半、私は40代前半です。


ブログランキング
よろしければ・・・
 人気ブログランキング
↑  ↑  ↑
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
理人の持ってるアヴェマリア
ブログ内検索
RSSフィード
アクセス解析
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。