スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正月

例年、1月1日は私の親族の集まりがあり、

妻の親族とは2日もしくは3日に会っていた。

昨年はリゾートホテルでやったのだが、

今年は妻の病気のことがあるので、

わが家でやってもらうことにした。



妻は4人姉妹の2番目だ。

いつも病院に付き添ってくれるのは3番目。

きょうだいたちは、みな妻の病気のことは知っている。

知らないのは、子どもたちと、

妻の父だ。



妻の母は、3年前に他界した。

突然の死だった。

好物の牡蠣フライを食べて、

寝ている間に静かに逝った。

夫である妻の父は、

そばに寝ていて気づかなかった。



2人暮らしが独り暮らしとなって、

妻の父は、孤独だった。

娘たちが入れ替わり義父のもとを訪れたが、

孤独に変わりはなかった。

ある日、義父は大量の血を吐いて、

トイレで気を失った。

機械嫌いの義父を、

娘が持たせた携帯が救った。

義父にしては珍しい携帯の発信が、

3番目の娘の心をざわつかせたのだ。



胃に大きな孔が開いていたそうだ。

口から溢れるほどの大量の血。

義父の孤独は、

後悔で埋められていたのだろう。



胃が三分の一になってからも、

帯状疱疹や、

潰瘍で何度も医者の世話になった。

「病は気から」

は、義父を見ればよくわかった。




そんな義父だから、

娘たちは、内緒を決め込んだ。

妻は、私が贈ったカツラをかぶった。

わが家にしては珍しい、大勢の来訪者。

食べきれないほどのご馳走。

次々と空くビール。

小さな子どもたちも大はしゃぎだ。



恒例のトランプの休憩時間に、

みかんをむきながら、

義父が唐突に言った。

「あんた、なんか若返ったな」




妻は、みかんを噴出さないように笑い、

4人の娘たちは、

とっさに、目を合わせないように四方を見た。

「あらー、おじいちゃん、ほんとー?」

妻がニカニカしながら言った。

明らかにおもしろがっている。



「髪切ったせいじゃない?」

予め用意してあった台詞を言うと、

義父はすぐに納得したようだった。

「そうか。ずいぶん感じ変わったと思った。若いね。元気そうだ」



義父がまたみかんをむきはじめると、

4人の娘たちが、

ちょっとずつ、お互いに目線を合わせた。


スポンサーサイト
プロフィール

endlessavemaria

Author:endlessavemaria
こんにちは、理人(Lied;リート)です。
妻は50代前半、私は40代前半です。


ブログランキング
よろしければ・・・
 人気ブログランキング
↑  ↑  ↑
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
理人の持ってるアヴェマリア
ブログ内検索
RSSフィード
アクセス解析
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。