FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今踏み出さない理由

バイトをしようと思って、ネットで検索してみるも、出てくるのはキャバ嬢募集ばかり。

「時給1200円からスタートかよー」


お門違いな不平を漏らしながら、条件を少しずつ緩めていく。


それでも、夜だけ3~4時間働けるところはなかなか見つからない。


いや、時折見つかるのだが、「これじゃ、日中の仕事に支障をきたす」「終電がギリギリだ」と都合が悪い理由を探してしまうのだ。

いや、そもそも、まだ私は、無意識のところで、「今踏み出さない理由」をキープしているのだと気づいた。


「私、それ、やんないよ」


予想どおり、治療費が高額なハーセプチンを、妻が拒んできた。


「私を信じなさいっ!」明るく言う妻に、何度


「根拠は何よ」


と聞いてきた。


「自分でなったんだから、自分で治すよ。てゆうか、治した」


サイババか。


さんざん問答して、険悪ムードになった結果、担当医が「やりましょう」と言ったらやる、ということで折り合った。


で、私たちは即座に、「どうししょうか?」と言われた場合の取り扱いについて論争した。


「この話し合いで死ぬね。わたしは、点滴の針で死ぬね、死ぬとしたら」


と、卑怯な手を使ってくる。


もし、医者が「やりましょう」と言わなければ、そのときはバイトでもして、


「あら、私のために、そんな努力をしてくれたのね」


という感動効果で治療を受けさせるという計画である。


高額医療費控除を受ければ、実質の医療費関係は、2年で130万円くらいだと思う。アドバイスをいただいた。


これくらいなら、現実には何とかならなくはないのだが、


問題は妻の性格なのである。


何もなければ良かったのだが、会社が手当ての案をまとめた後で退けたため、かえって意固地になってしまった。


ほんとはバイトなんかしたくないよ。普段で十分ヘトヘトなんだから。

人気ブログランキング

スポンサーサイト
コメント

奥様のいい分、わかります。

奥様の言い分、すごくよくわかります。
私もこの病気になって1年間は検査にも行きませんでした。主人には「早く検査に行け!」と言われていたのですが…。ガン=高額な医療費がかかる。の図式がずっと頭にあって「とても家の経済状態ではムリだろうナ」と思っていました。(この先、転移・再発があっても、もう治療しない!と主人には宣言しています)
それだけ、奥様は理人さんのことを考えていらっしゃるんだろうと思います。なかなか口に出して言えないンですよネ。感謝の言葉って。(^ ^;)

バイトよりも・・・

奥様のそばにいてあげてほしいなあ。
私は今、乳がんの母、股関節複雑骨折の祖母、老人性肺炎の義父にかこまれていっぱいいっぱいですが、いつでもどこでも携帯電話を片手に待機しています。
病気になるって、本当に心細いもんです。
奥様と同じ年頃の母は、気丈にしていますが、なんだか右乳房を全摘出してから、急に年をとったような気がします。
寂しいと言う気持ちが、老いを早めているような・・・
もし奥様が最先端医療を心から望んでいないのなら、なるべく早く帰って、奥様のそばにいてあげて欲しいと、勝手ながら願ってます。
夜というのは、病気を患っている者にとって、本当に恐ろしい時間です。
そんな時に一緒にいてくれるだんな様が一番の薬になるのでは?
非現実的なことかもしれませんが・・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

endlessavemaria

Author:endlessavemaria
こんにちは、理人(Lied;リート)です。
妻は50代前半、私は40代前半です。


ブログランキング
よろしければ・・・
 人気ブログランキング
↑  ↑  ↑
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
理人の持ってるアヴェマリア
ブログ内検索
RSSフィード
アクセス解析
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。