FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アヴェ・マリア」が止まった

妻の定期検診が終わった。


「特に心配な点は何もありません」


と言われた。


その間、私の父の症状が重くなり、母が弱ったりしたが、ふと気がつくと、1年半ぶりくらいに、何か静かな気持ちになっていた。


定期検診のたびに心配するのだろうし、何かが好転しているわけでもないが、私は何かに少しだけ強くなった。

生きるときはなるべく生きなければ。


妻に教わった気がする。


人気ブログランキング

スポンサーサイト
コメント

生きるときは行きよう!私も

私も理人さんの奥様にたくさんのことを教えてもらいました。

12月から2ヶ月仕事を休んで、2月中旬より仕事に復帰しましたが、5月連休あけからインターフェロンの治療のために半年ほど休職する予定です。
7歳の輸血が原因と疑われるC型肝炎が50年近い歳月で結構活発に活動を再開しています。インターフェロン治療の「うつ病」の副作用を怖れて「絶対しない!」と20年以上一切の関心も示さずにきたのです。
30代はじめに活動性C型肝炎と診断されて、10年後はないと思っていたのに息子にも恵まれここまでやってこれました。でも、15歳ですからね、ちょっと欲がでて積極的治療を本気で考え始めました。
「自分をもっている」素敵な奥様に随分励まされてもきました。まあ、治療が最後までできるのか、副作用もかなり不安はありますが、6ヶ月の休職を楽しむつもりでやっていこうかと。
副作用の出方により途中で中止となっても、それはそれでと受け止めたいと思っています。だって、ウィルスが消えても自分らしい暮しがなくなってしまっては意味がないですものね。

「生きるときは生きる」いい言葉ですね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

endlessavemaria

Author:endlessavemaria
こんにちは、理人(Lied;リート)です。
妻は50代前半、私は40代前半です。


ブログランキング
よろしければ・・・
 人気ブログランキング
↑  ↑  ↑
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
理人の持ってるアヴェマリア
ブログ内検索
RSSフィード
アクセス解析
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。