スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の中のあらがえない自分

眠くて眠くてたまらないとき、起こされても起きられないことがある。


本当は、起きられないこともないのだが、「起きられない」と考えることで、自分の中に、コントロールし難い自分を飼うことになる。

楽しいことがあれば起きられるが、楽しみがなければ起きたくない。だから「起きられない」となる。


これがやがて「気分が乗らない」「やる気が沸かない」となり、「自分の力ではどうしようもない」となってくれば、ますますアウトオブコントロールだ。

欲求を感じると脳があたたまってしまい、後悔するとわかっていてのめり込む自分を止められない。自分に御し難い自分。


依存体質と言えばそれまでだが、例えば好きだった人が忘れられないとか、子どもが可愛くてしかたないとか、それも自分で御し難いものだ。


修正しようと力む前に、一文の利を認めてやるのも、いいかもしれない。


感じるままの生き方は、恵まれているときには甘美だが、不遇のときは辛いばかりだ。


不遇のときは、いま自分のあるものに感謝しよう。まだまだやれるはずだ。


起きられないのでなく、「起きられるけど、ギリギリまでもたもたしたい」自分を自分のままにする言葉を使おう。


僕が言えるのは、それしきのことだけだ。


人気ブログランキング投票

スポンサーサイト
コメント

ウルウル

タイトルと副題にひかれ、始めておじゃましました。

読みながら共感して涙がこぼれそうでした。
切ないお気持ちが伝わります。
理人さんの「妻は50代前半、私は40代前半」とありますが、私も似たような経験があります。
宣伝するつもりはないのですが、
もしよろしければ、ぜひご訪問ください。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

endlessavemaria

Author:endlessavemaria
こんにちは、理人(Lied;リート)です。
妻は50代前半、私は40代前半です。


ブログランキング
よろしければ・・・
 人気ブログランキング
↑  ↑  ↑
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
理人の持ってるアヴェマリア
ブログ内検索
RSSフィード
アクセス解析
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。