スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四年目

10月だ。

初めて受診してから四年が経った。

あんなに大きな癌だったのに。

脇の下がボコボコになるほど転移してたのに。

半年毎になった検査で引っかかるのはコレステロールだけだ。

本人は、お金がもったいないから検査に行きたくないと言っている。


自分は癌を見切ったから、検査はいらないという、よくわからない達人ぶりである。


「先生もっと縫い代の皮を残してくれれば良かったのに下手くそだな」と裁縫好きな妻は文句を垂れている。


「自分で縫いたかったな」

風呂場から独り言が聞こえてきた気がする。


合掌

長い間放置しているにも関わらず、毎日300もアクセスがあったことに今気付きました。ご訪問ありがとうございます。妻は元気です。

じつは、ブログ『若年性乳がんになっちゃった ~ベコの闘病日記』でおなじみのペコさんが天国へ旅立たれたそうです。ショックでした。


バタバタと忙しい週末で、たった今知りました。


同じ病気になる人のために、薬の種類や回数や治療費などを克明に記録されていました。人に言いづらいようなことも、記録し続けたのは、そのためだと思います。


彼女の渾身の記録が本になりました。北海道新聞社から出ています。

ペコさん、ありがとう。


春がきた

新年早々、妻が両手を骨折し、家庭内入院状態になった。


いよいよ骨に転移したかと覚悟したが、単に転びかたが悪かったようだ。


最初は、気力と工夫で乗りきっていた妻だった。動かせる左の薬指と小指の間に、コンビニでもらうような軽い樹脂のフォークを挟んで、器用に食事をしたり、私が買ってきたスリッパ型ホコリ取りで部屋を掃除したり、家の中は随所、工夫だらけになっていった。


それでも、冬の終りになって、泣き言を言うようになった。


「やっぱり、転移したと思うよ。せっかく生きるつもりになったのに…」


そんな妻の話を聴きながら、ところどころで、「転移したからって、長く長く生きる人もいるよ」「その症状は転移の症状じゃないよ」などと言った。


人に話すことと、私が聴かせた他人の話、そして、ずっと放っておいた庭に出られるようになったことで、だいぶ元気になった。


ちょぼちょぼ左手を酷使して10本くらい雑草を摘んできた妻は「いててて。やりすぎた」と言いながら、晴れの日をたのしみにしている。。

人気ブログランキング投票

アメリカで乳がん検診見直し

Yahoo!ニュースや各紙などですでにご存知と思うが、アメリカで40代女性のマンモグラフィー検診が、不利益が利益を上回るとして、推奨から外されることになった。


勇気ある決断である。

検診を絶対視せず、リスクについて情報を開示し、見直しを行うということは、短期的ショックを上回る信頼を得ていくだろう。


検診を広めていくには、受診呼び掛けを宣伝するよりも、信頼を得て、リスクも開示し、病気とわかった人に優しくしていけば良いと思う。


さて、今年のピンクリボンフェスティバル、この情報、掴んでいながら、予定どおり、例年のイベントを実施したと思われる。


「まだ発表されてないから」「日本の判断がまだだから」きっとそういうことだろう。


自分の家族なら、そうするだろうか?最新情報が入ってきたら、とりあえず何か反応しはしないのか。


結局、受診者の都合じゃない都合、担当の自己実現や、企業の利益や、企業のイメージアップや、グッズ販売や、楽しいイベントや、お洒落なイメージや…。そういうことだろう。


次回は、アメリカに追従するだろう。アメリカが変われば、確信などグラグラなのだ。患者が騒いでも、正しいと言い張ったのに。


ピンクリボンフェスティバルは、この際、是非、アメリカに反論して欲しい。患者に言い切ったように、NCIに反論して欲しい。


それとも、ピンクグッズの購買層の40代が落とされたら、やる気を無くすのだろうか。


人気ブログランキング投票

DCIS

乳がん検診の最大の問題点のひとつが「DCIS」だ。


この前癌病変を、そもそも「乳がん、と言っていいものかどうか…」という迷いが、アメリカでは起きている。

今年のピンクリボンフェスティバルでは、私の知る範囲では、一言も触れられずじまいだ。


「早期発見なら、100%治ります」が、もし、


「放っておいてもほぼ100%問題ない病変を発見して、取ってしまいうように誘導し生存率の数字を上げて見せてます。なぜかそれでも上がってないケド…」

だったらどうするか、という大問題が、伏せられているのだ。


すでに海外では、名前まで変えて、分類を見直す動きも出ている。

がん検診普及に真面目に取り組んできた諸団体を、ピンクリボンフェスティバルが席巻してしまい、メッセージを単純化して、都合悪いことを隠している。

「検診は大事なのよ!私もそれで助かったのよ!」という善意の人たちに守られているが、真面目なピンクリボン団体は、患者や検診者本位だから、必要な情報はいち早く伝えるはずだ。


「私たちは検診事業の有用性をうたっているだけ」というロジックにどれだけ翻弄された人たちがいただろうか。


「公式な指標がないので今までどおりにしました」「公式な見解に変更があったので変えました」という簡単な言い逃れで済ませられるというのに。


人気ブログランキング投票

進化

変な顔をしている。

「人間の口はさ、中身が出てきちゃってるんだよね」


まあね、何でも喋っちゃって後悔することあるからね。




「ちがうよ。くちびる、ってさ、もともとは口の中身なんだよ」


なに、それ?



「もともと中身だったから、くちびるは赤いんだよ」


テレビでやってたの?





「考えついた!」




いいから、くちびる出して喋れよ。


人気ブログランキング投票

自分の中のあらがえない自分

眠くて眠くてたまらないとき、起こされても起きられないことがある。


本当は、起きられないこともないのだが、「起きられない」と考えることで、自分の中に、コントロールし難い自分を飼うことになる。

楽しいことがあれば起きられるが、楽しみがなければ起きたくない。だから「起きられない」となる。


これがやがて「気分が乗らない」「やる気が沸かない」となり、「自分の力ではどうしようもない」となってくれば、ますますアウトオブコントロールだ。

欲求を感じると脳があたたまってしまい、後悔するとわかっていてのめり込む自分を止められない。自分に御し難い自分。


依存体質と言えばそれまでだが、例えば好きだった人が忘れられないとか、子どもが可愛くてしかたないとか、それも自分で御し難いものだ。


修正しようと力む前に、一文の利を認めてやるのも、いいかもしれない。


感じるままの生き方は、恵まれているときには甘美だが、不遇のときは辛いばかりだ。


不遇のときは、いま自分のあるものに感謝しよう。まだまだやれるはずだ。


起きられないのでなく、「起きられるけど、ギリギリまでもたもたしたい」自分を自分のままにする言葉を使おう。


僕が言えるのは、それしきのことだけだ。


人気ブログランキング投票

癌検診の有効性見直し

癌の情報Tipsさん、いつもありがとう。


ほらな。


アメリカがとうとう、乳癌や前立腺癌の有効性を見直すそうだ。


商業的広告手法でピンクリボン運動を、お祭に仕立ててきた人たちは、この流れをどう受け止めるのか。


乳癌関係のブログをやっている人は、ぜひ、癌の情報Tipsさんの記事にトラックバックやリンクを。

人気ブログランキング投票

妻の乳癌が分かってから2年が過ぎた。


今の平穏は夢のようだ。


私は、あのとき迷っていた。


ブログを始めることに、だ。


今は、やって良かったと思う。


書くことで、胸にしまわずにいられることがある。


私は、見えない友人に助けられた。


ありがとう。私の大切なおともだち。


私の大切な乳がんのおともだち。


今日は自分を出せたかな。


人気ブログランキング投票

妻は元気です

陽性なのに自分からハーセプチンを断り、無治療に入った妻は、今のところマーカーの数値も問題なく、元気だ。


曇りの日と陽射しが強くて外出しない日に私から渡されるビタミンD剤を飲む以外には、無理なく生活しているくらいで、今は乳がんが、「過去の見かけ」をしている。


私は、抗がん剤治療などの医療を一律に無用などと思わないので、感覚的に抗がん剤に反対する人に利用されたくない。基本的にサプリメント信仰なども肌が合わない。


ただ、とにかく、気持ちが明るく、無理せず暮らしている。


私のアヴェマリアは、妻に関しては止まったままだ。


いや、止めてある、と言ったほうがいいかもしれない。


今日は、うろこ雲を見た。


人気ブログランキング

プロフィール

endlessavemaria

Author:endlessavemaria
こんにちは、理人(Lied;リート)です。
妻は50代前半、私は40代前半です。


ブログランキング
よろしければ・・・
 人気ブログランキング
↑  ↑  ↑
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
理人の持ってるアヴェマリア
ブログ内検索
RSSフィード
アクセス解析
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。